エレベーターリニューアルのご相談ならエステム


あなたも補助金を受けられるかも?お得なチャンス!エレベーターの安全対策


エレベーターの安全基準は年を追うごとに向上しており、新しい機種ほど安全性能が増しています。
しかし「すでに設置してあるエレベーターの安全性を高めたい」というニーズがあるのも確か。特に震災の影響や事故の防止の観点から、
戸開走行防止の強化に注目が集まっています。そこでおすすめなのが、エステムの防災対策セットプランです。
このプランは戸開走行を防止するため、エレベーターの駆動用巻上機のブレーキと別に待機型ブレーキを設置するもの。
国交省から一定の基準を満たしていることが認められ、既設昇降機安全確保緊急促進事業として補助の対象となるモデル事業に選ばれました。

エステムの防災対策セットプランを実施して補助金の対象となれば、防災対策費の三分の一の補助を受けられます。
エレベーター一台当たりの補助の対象となる対策費は、消費税を除き300万円が上限なので、なんと最大で100万円まで補助されます。
すでにエステム製2001タイプの制御盤を導入されていれば、エレベーターを停止させておかなくてはいけない工期が短く済みます(概ね4日)。
それ以外のメーカーやエステム製2001タイプ以外の制御盤をお使いの場合、さらに油圧タイプのエレベーターをお使いの場合でも、
完全停止期間が7日以内のおすすめのプランをご用意しております。

補助金の対象となる建物は地域や面積、耐火基準、階数に制限があります(延床面積1000平米以上、耐火建築物もしくは準耐火建築物、地階を除き3階以上)。
長期修繕計画もしくは維持保全計画にエレベーターの項目があることも条件。条件に当てはまれば、大変お得にエレベーターの安全性を高められる
ビッグチャンスです。安全性の確保は建物自体の資産価値を高めてくれます。2013年12月末までに工事を完了し、2014年2月28日までに
工事完了実績報告書を提出することになっていますが、予算がなくなり次第打ち切られる可能性もあるこの補助金。
ぜひお早めにご相談ください!

エレベーター エレベーター メンテナンス エレベーター 点検 エレベータ


▲ TOP

油圧式とロープ式の違い マンションで導入したい設備 寸法 メンテナンス契約の種類 点検 修理 リニューアル工事の目安
エステムのecoリニューアル あなたも補助金を受けられるかも エレベータの安全性

エレベーターのことならエステム オフィシャルサイトはこちら