エレベータ


エレベータ


エレベータでお探しの方へ。一昔前に比べるとエレベータの安全性は大きく向上しており、これによりエレベータはより建物の資産価値を高めるものへ変化しています。安全性を確保するための法律も数年ごとに見直されているため、リニューアルすることで大きく安全性が高まる場合もあります。エレベータ

直近で施工されたエレベータの安全基準は、2009年の建築基準法の改正です。エレベータに興味のある方はご存じかもしれませんが、この改正は平成17年の千葉県北西部地震の際に起きたエレベータの閉じ込めや、平成18年に東京都で起きた事故を受けて施工されました。見直されたポイントは大きく分けて2つ。戸開走行保護装置を設置するよう義務付けられたことと、予備電源を備えた地震時等管制運転装置の設置をするよう義務付けられたことです。エレベータにも関連が深い事項ですね。
これにより改正以降に作られたエレベータでは必ず、扉が開いたまま動くことがなくなり、地震が起きた際には初期微動(P波)が届いた時点で最寄り階へ停止するようになりました。改正以前に作られたものでもメーカーの独自基準やオプションで、これらの機能がつけられているものもあります。

これ以外にも強度の改善や引っ掛かり防止など、細かな点でいくつか安全性にかかわる基準が改正されました。最新機種にリニューアルすることで最新の安全基準に適合したエレベータを導入できる上に、電気代やメンテナンス代などが安くなる場合もあるので検討してみましょう。エレベータでお探しの方も参考にしてみて下さい。

エレベータ

▲ エレベータ TOP
エレベータ 点検 メンテナンス 保守 メンテ 寸法 管理 法定点検 保守契約 リニューアル 耐久年 保守管理 保守 法令 消費電力 ブレーキ エレベータリニューアル 電源基盤 多重構造 電源基盤交換 安全対策 価格 地震 地震対策 耐震 防災 防災対策 補助金 免震 交換 交換時期 交換費用 エレベータ 部品 バッテリー 時期 ロープ 交換 ワイヤー ワイヤー 時期 リニューアル 価格 マンション 交換 マンション 費用 東京 大阪 埼玉 神奈川 練馬区 豊島区 池袋
エレベーターのことならエステム オフィシャルサイトはこちら