エレベーターのメンテナンス契約の種類


エレベーターのメンテナンス契約の種類


エレベーターは構造上、使うたびにワイヤーなどの部品が劣化していきます。そのためメンテナンスが欠かせません。
エレベーターのメンテナンス契約には大きく分けて2つの形態があります。

一つはフルメンテナンス契約。これは毎月のメンテナンス費用の中に、所定部品の交換費用も含まれている契約です。この契約をしていれば、
もし所定部品の交換が必要になった場合でもその月の負担はいつも通りですむので、突然の大きな出費がないという安心感があります。
また毎月の費用がはっきりと決まっているため、不確定な予算を盛り込まなくてもよいという経理上のメリットもあります。不具合が出るたびに見積もりを取ったり稟議書を上げたりといった手間も省けます。

もう一つはPOG契約。POGというのはParts(パーツ)、Oil(オイル)、Grease(グリス)の頭文字をとった言葉です。この契約には
上記の頭文字であらわされるような、メンテナンスに必要な最小限の消耗品の費用しか含まれていません。そのためボルトやヒューズ、オイルなどを除く
部品の交換が必要になった場合、その都度料金が別途請求されます。エレベーターは大型の精密機械なので、大型の部品の交換、修理では費用が
数十万円から数百万円単位の高額になることもあります。

もちろんPOG契約は補償範囲が少ないため、毎月の契約費用がフルメンテナンス契約に比べ割安です。しかし故障の際に突然巨額の出費が必要になる
リスクを考えると、やはりフルメンテナンス契約をしておいたほうが安心。安いからとPOG契約していたエレベーターをフルメンテナンス契約に
切り替えようとしても、古くなっていると切り替えができないといわれる場合もあります。商業施設や階数の多いマンションなどは
エレベーターの利用頻度が高いので、通常より早く部品が劣化します。メンテナンス契約の種類は、最初からフルメンテナンス契約にしておいたほうが安心です。


▲ エレベーターのメンテナンス契約の種類 TOP

油圧式とロープ式の違い マンションで導入したい設備 寸法 メンテナンス契約の種類 点検 修理 リニューアル工事の目安
エステムのecoリニューアル あなたも補助金を受けられるかも エレベータの安全性

エレベーターのことならエステム オフィシャルサイトはこちら